粘土(クレイ)で作る野草を主にしたフワラーアートです。 

クレイフラワー制作工程

クレイフラワー制作の工程を理解する為に、例として、桜を作ってみましょう。

 

桜の花芯の作成

ペップに色を付ける絵の具です。
ターナー色彩株式会社のアクリル絵の具アクリルガッシュの
黄丹色(おうにいろ) と 黄蘗色 (きはだいろ) を使います。 

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

造花やアートフラワーでは、つぼみの部分のパーツを”ペップ” と言います。

 

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

ペップを、まとめます。
まとめると、こんな感じになります。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント 

花の部分の粘土の色あい調合

”レジックス”という、元は真っ白な粘土を使って作ってます。
デンプンと特殊樹脂を主原料としている、人の体に影響のない粘土です。
自由に形が造れ、時間が経つと自然乾燥でプラスチックのように硬くなり、
様々な方法で着色可能、更に弾力性もあり壊れにくいのが特徴です。 
他の分野では、フィギュアの小物製作やジオラマ作成など、様々な使い道がされております。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

ホルベイン油絵具の H197 パーマネントホワイトSF と
H003 ピンクマダーをレジックス粘土に加えます。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

量はこんな感じで、少量なのです。
この加減が、最初の頃は難しいです。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

混ぜ込むと…
すると、こんなピンク色の粘土になります。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

 花びら部分の作り込み

粘土を花になる量、1cmぐらい切り取り、涙の形にします。
それを5つに切り分けて、細工棒で開いて、花びらの形に整えます。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

作った花芯を刺します。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

花の萼(ガク)を作り、また、刺します。
粘土を整えて滑らかにします。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

ワイヤーに巻いた、ライトグリーンのテープの上から、
アクリル絵の具を、綿棒を筆代わりに使って着色します。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

ターナー色彩株式会社のアクリル絵の具アクリルガッシュの
葡萄酒色と千歳緑を使います。 
クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

葉の部分の作成

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント 
葉の部分のレジックス粘土に混ぜ込む絵の具は、
ホルベイン油絵具の H047 グリニッシュイエローと
H088オキサイドオブクロミウム と H001クリムソンレーキ
を使います。
  
クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

粘土に油絵の具を混ぜて、練り込むと、
下記のような色のついた粘土が出来ます。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

若葉を作ります。
大中小と3枚です。
葉の縁の鋸歯を細工棒で作り込みます。

 

複数の花を結合させて完成へ

蕾と開花した花を数本を束にして、テープにまとめます。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

枝につく根本に苞葉を作ります。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

太いワイヤーの先に固い芽を作り、テープを巻きながら、
若葉、咲いてる花と巻いていきます。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

桜の完成です。

 

クレイ, クレイクラフト, 造花, フラワーアレンジメント

 

生け込み

花瓶

油粘土やスタイロフォームなどを使って、差し込んでいきます。

 

陶器やオブジェや籐カゴなど

直に差し込んだり、油粘土やスタイロフォームなどを使って、差し込んでいきます。

 

鉢植え

油粘土に差し込んだ後、ボンドや鹿沼土や石などを使って、見栄えを整えます。

 

関連ページ

クレイフラワー材料
クレイフラワーの材料の説明