粘土(クレイ)で作る野草を主にしたフワラーアートです。クレイフラワーを入れる花器

Norikoの作品を飾る花器

 

 クレイフラワーに欠かせないのが、花器です。

 

 茶の湯の世界と同じように、陶器・竹細工・金属器・木彫りなど色々なモノを花器として使っております。

 

 使う花器は、多種多様に亘っておりますので、作家モノや無名のモノ、また出所不明のモノもあります。

 

 全部は書けませんが、クレイフラワーNorikoが使っている花器の産地や特徴などを紹介します。

 

日本六古窯

 日本六古窯とは、平安から鎌倉時代に始まった焼きモノで、瀬戸・常滑・丹波・備前・越前・信楽を指します。
 六古窯以外にも、全国各地で鎌倉時代の窯跡が数多く発見されていますが、いずれも淘汰されていきました。
 長い時の流れを生き残り、各地へ販路を拡大して産業として根付いたものが六古窯です。

 

クレイフラワー, クレイクラフト, 里山, 野草, 造花, フラワーアレンジメント, Deco, デコクレイ,信楽焼,美濃焼,丹波立杭焼,萩焼,瀬戸焼,常滑焼,越前焼,備前焼

 

信楽焼

 信楽焼は、明るい赤色の焦げと透明感のある自然釉薬に大きな特徴がある、日本の伝統的焼き物です。
 信楽焼は、焼き物の原料となる粘土に含まれている、石英や長石の成分をそのまま活かして成型、焼き上げている焼き物です。
 それらの成分が、白いブツブツとして器の表面に現れていることも、信楽焼ならではの特徴だといえるでしょう。
クレイフラワー, クレイクラフト, 里山, 野草, 造花, フラワーアレンジメント, Deco, デコクレイ,信楽焼,美濃焼,丹波立杭焼,萩焼,瀬戸焼,常滑焼,越前焼,備前焼

 

美濃焼

 美濃焼は多彩な製品が焼かれており、特徴が無いところが美濃焼きの特徴とよく言われます。
 美濃焼の伝統的工芸品を見ると一目瞭然で、志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒にとどまらず、灰釉、天目、染付、赤絵、青磁、鉄釉、粉引、御深井(おふけ)、飴釉、美濃伊賀、美濃唐津と、なんと15 品目が通産大臣の指定を受けています。
 また、和食器、洋食器とも全国シェアの50%以上、タイルは50%近くが、実は美濃焼です。
クレイフラワー, クレイクラフト, 里山, 野草, 造花, フラワーアレンジメント, Deco, デコクレイ,信楽焼,美濃焼,丹波立杭焼,萩焼,瀬戸焼,常滑焼,越前焼,備前焼

 

丹波焼(立杭焼)

 丹波焼の発祥は平安時代末期から鎌倉時代のはじめといわれており、日本六古窯の一つで、800年以上の歴史を持っております。
 起源の頃の丹波焼は、窯の中の炎と灰により、自然の光沢を帯びた重厚な美しさを称え、「古丹波」として世に知られています。
 時代が進み、桃山の終わりには釉薬を使った陶器がよく見られるようになりました。
 江戸時代には多くの素晴らしい作品が生み出されました。
 丹波焼の魅力は、飾り気のない素朴で渋みのある形と色合いにあります。
 体裁よりも実用性を身上とする生活雑器として作られてきており、その起源のころから変わりません。
 登り窯で焼成されるうちに、松薪の灰がふりかかり、釉薬ととけあって「灰かぶり」というくすんだ緑色の模様を自然にまとう丹波焼は、時に芸術品としても鑑賞されてきました。
クレイフラワー, クレイクラフト, 里山, 野草, 造花, フラワーアレンジメント, Deco, デコクレイ,信楽焼,美濃焼,丹波立杭焼,萩焼,瀬戸焼,常滑焼,越前焼,備前焼

 

但馬焼

 但馬焼は、兵庫県豊岡市を産地とし、草や葉などを使ってシルエットをつける自然を活かした素朴さが特徴で、土の香りがしてきそうな陶器です。
 但馬焼と信楽焼は、同じ土から作られる焼き物です。
 信楽焼の派生したような感じですが、葉っぱや布を使って模様をつけ、釉薬もつけず、自然に素焼きをして完成させるのが但馬焼の特徴です。
 焼き物というのは、土だけではなく、絵付けや釉薬(土の上の表面を覆うガラス素材の塗り薬)の有無、焼き方等で雰囲気は幾重にも変わるのが面白いです。
クレイフラワー, クレイクラフト, 里山, 野草, 造花, フラワーアレンジメント, Deco, デコクレイ,信楽焼,美濃焼,丹波立杭焼,萩焼,瀬戸焼,常滑焼,越前焼,備前焼

 

萩焼

 萩焼はざっくりとした焼き締まりの少ない陶土を用いた、独特の柔らかな風合いが特徴です。
 土が粗いため浸透性・保水性・保温性が高く、土と釉薬(うわぐすり)の収縮率の違いによりできる表面の細かなヒビ(=貫入)から水分が浸透し、器の中から表面にまで至ります。
 この浸透により、使い込むほどに器の色合いがだんだんと変化し、なんとも言えない侘びた味わいを醸すようになります。
 この変化は「萩の七化け」と呼ばれ、萩焼の特徴的な魅力となっています。
 萩焼は土の風合いを生かした素朴な作風のものが多く、絵付けなどの装飾はほとんど行われません。
 土の配合、釉薬の掛け具合、ヘラ目、刷毛目などに、焼成の際の炎による偶然の効果などが加わり、独特の味が生み出されるのです。
 そのため色彩も大道土の色を生かした肌色から枇杷色、見島土の色を生かした褐色や灰青色、藁灰釉による白色など、比較的限られた色が主流です。
クレイフラワー, クレイクラフト, 里山, 野草, 造花, フラワーアレンジメント, Deco, デコクレイ,信楽焼,美濃焼,丹波立杭焼,萩焼,瀬戸焼,常滑焼,越前焼,備前焼

 

駿河竹千筋細工

 静岡の竹細工は、現在では職人も少なくあまり知られていませんが、古来より駿河の地には(現在の静岡県中部)良質の真竹、淡竹などが豊富で、弥生時代の登呂遺跡の出土品の中にも竹製のザルなどが発見されるなど生活用品として、根付いていたと思われます。
 その伝承を引き継いだ、駿河竹千筋細工は、日本全国にある編む竹細工と違って、細い丸ひごをさして組み立てるとても繊細な竹細工で、流れるような曲線が特徴の伝統工芸品です。
クレイフラワー, クレイクラフト, 里山, 野草, 造花, フラワーアレンジメント, Deco, デコクレイ,信楽焼,美濃焼,丹波立杭焼,萩焼,瀬戸焼,常滑焼,越前焼,備前焼

 

関連ページ

お客様からのお便り
自然の花や葉は、規則的で不規則であるが故に、不規則な美しさが存在します。 そのような不規則な美しさを精巧に表現し、日本の山野風景を連想させるような野草に重きをおいて粘土(クレイ)で制作しております。 クレイフラワーは手芸の範疇に入りますが、押し花やドライフラワーやフラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーではありません。 クレイフラワーの作品は、蝋細工のように緻密で繊細な出来上がりですから、ご覧になられますと、きっと驚かれると思います。
東御のイラストレーター
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。
ガマズミ
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。
制作に追われております
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。
紫陽花とススキのバッタ
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。
もみじ(紅葉)
もみじ(紅葉)をクレイフラワーで作りました。  紅葉と書いて、ある時は「こうよう」、ある時は「もみじ」と読みます。 では、紅葉(コウヨウ)と紅葉(モミジ)の違いって何でしょうか?
初回まちなかキャンパスでの講座
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、千曲のまちなかキャンパスで、教室を開講しました。
陽だまり有料老人ホーム
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、老人ホームに出張して、クレイフラワー教室を開講してます。
第二回まちなかキャンパスでの講座
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、千曲のまちなかキャンパスで、教室を開講しました。
サクラ有料老人ホーム
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、老人ホームに出張して、クレイフラワー教室を開講してます。
上山田病院なごみ祭
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、病院施設のイベントに参加して、クレイフラワー作品を展示させていただきました。
かぐや姫・東御市
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、千曲のまちなかキャンパスに出張して、クレイフラワー教室を開講してます。
今年最後のまちなかキャンパスでの講座
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、千曲のまちなかキャンパスで、教室を開講しました。 今回はツウウメモドキに挑戦です。
誕生日に鬱金桜を…
お世話になった先生へ、誕生日にクレイフラワーを送りました。
ミニチューリップ花芯
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。 ミニチューリップの制作工程
梅雨にこそ爽やかさ
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。 ススキとバッタ
電器屋さんへお中元
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。 ススキとバッタのお中元
秋の作品展の準備
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。 秋の作品展”出逢い”の準備に入っております。
化粧品会社さんからの依頼
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。 化粧品会社さんからの依頼でクレイフラワーを制作いたしました。
もうすぐ春ですね♪
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。 お世話になった方へ、一足お先に、春をお届けいたします。
北国街道柳町夏祭り
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。 北国街道柳町夏祭りに参加いたしました。
籐工芸展
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。  私の作ったクレイフラワーと石田克成先生の籐工芸は絶対にピッタリとマッチします!
燭台の椿
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。  味噌ショップ菱屋さんの使わなくなった燭台に、花を添えたいという希望で、お店の雰囲気とアンティークな燭台を活かして、椿を作成しました。
燭台と壁掛花器に桜
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。  味噌ショップ菱屋さんの使わなくなった燭台に、花を添えたいという希望で、お店の雰囲気とアンティークな燭台を活かして、桜を作成しました。
石坂徳平先生の個展
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。  味噌ショップ菱屋さんの使わなくなった燭台に、花を添えたいという希望で、お店の雰囲気とアンティークな燭台を活かして、桜を作成しました。
感謝祭のセミナー講師
クレイフラワー・デザイナーのNorikoが、不定期に綴ってるBlogです。 千曲市の株式会社幾久屋(きくや)さんに依頼されて、感謝祭のセミナー講師を務めました。